2019年度 第154回 日商簿記検定3級の試験を受けてきた

令和2年2月23日(日)の本日、日商簿記検定3級の試験を受けてきました。

なぜ、中年のおじさんが高校生や専門学校生、または経理部配属の入社3年未満の若手社会人が受験しにくるような日商簿記3級を受験したかというと、単に僕が「ロクな資格を持っていない」から。まあ、そんなマイナスな理由や動機は放っておいて、ひとまず試験の振り返りをしていこうと思います。

2019年度 第154回 簿記検定試験

今回は第154回となります。

ネットで見る限りでの受験者の感想としては、簡単な部類だったようです。しかし、資格試験そのものが10年ぶりくらいの僕にとっては、緊張で頭がパニックになっていたのかとても難しく感じました。中年のおじさんなので脳の処理も遅くなっているし。

なお、試験終了後に専門学校の大原が解答速報を出しています。

www.o-hara.ac.jp
https://www.o-hara.ac.jp/best/boki/sokuhou/kaito154-3.pdf

これをもとにして、自分が解いた問題を(覚えている範囲で)振り返っていこうと思います。

第1問(20点)

仕訳の問題。全5問。

基本中の基本が出題される。一問あたりの配点が4点と大きく、ここが満点だという確信があれば精神的に余裕ができる。

僕は一か所間違えました。

第1問-4
不用になった備品(取得原価¥660,000、減価償却累計額¥561,000、間接法で記帳)を¥3,000で売却し、売却代金は現金で受け取った。

この問題、なぜか

備品減価償却累計額 561,000 備品 660,000
現金 3,000 固定資産売却益 96,000

と仕訳してしまいました。
備品の売却の場合、貸方の額が大きかったら、借方に「固定資産売却損」の勘定科目を選んで処理するんだけど、なぜか差額を貸方の売却益として処理…。どの問題集の練習問題にもこのパターンは腐るほど出てくるのですが、僕が解いていた問題は売却益のパターンばかりだったので、それを思い込んで反射的に書き込んでしまったらしい。これで4点落としたのは大きい。

そもそも「660,000円の備品を3,000円で売ってるんだから、損してるに決まってるだろ」って感じですよね。

第2問(8点)

現金出納帳、売上帳および買掛金元帳からの出題。

今までやった問題集で、こんな問題は出てきたことがありませんでした。焦りました。

  • これらの取引がどの帳簿を使用するのか選択しなさい
  • 商品有高帳の記入と、純売上高、売上総利益を求めなさい
  • 小口現金出納帳の記入

こういう問題が出てくるんじゃないかと予想していました。面食いました。ただ、日付ごとに冷静に仕訳をしていったら、何とか解けました。大原の解答を照らし合わせると、覚えているかぎりここは満点が取れています。

第3問(30点)

残高試算表問題。予想どおりでした。

ここでも僕はひとつミスをしています。

19日 買掛金 ¥700,000 について、電子記録債務の発生記録を行った。

という取引。なんてことのない単純な取引で、

買掛金 700,000 電子記録債務 700,000

が正しい処理なのですが、なぜか僕はこれを

買掛金 70,000 電子記録債務 70,000

と処理してしまいました。実はこの前にも

1日 商品 ¥500,000 を掛けで仕入れ、当社負担の引取運賃 ¥20,000 を現金で支払った。

という取引の、引取運賃の処理を¥20,000ではなく¥2,000で処理していたんですね。借方の仕入勘定は、きちんと520,000円で処理をしているにも関わらず。これは1日の仕訳だったので、軽い見直しをした際にすぐ修正できました。どうも僕は焦ると桁数を間違える癖があり、練習問題を解いていたときも「また間違えてる…」ということがあったんですが、本番でもそれが出てしまいました。

買掛金と電子記録債務の処理は、同じ貸方の科目同士での処理なので、金額が間違っていても借方と貸方の最終金額は合致してしまいます。僕は借方と貸方の最終金額が合致していたのを確認したので、「これで良い」と思ってしまったんでしょうね。残り時間が70分くらいで、第5問までに60分は見ておきたいと思った焦りから全体をきちんと見直さなかったことが、点を落とす結果となりました。

大原の配点からいくと、このミスにより6点減点されています。実際の配点基準がどうなっているのかは分かりませんが、電子記録債権と電子記録債務についての処理は重要だと思っていますので、ここに配点されているのは恐らく間違いないと思います。

ちなみに「貸倒損失」の勘定科目は、前日の夜にたまたま見ていたテキストに載っており正直ラッキーでした。これは第4問-1の「償却債権取立益」にも関連します。

第4問(12点)

「伝票問題じゃないのかよ」「前受利息と支払利息の問題じゃないのか」と、個人的に落胆した第4問。まさかの文章題でした。

ただ、問題をよく読んで、語群と照らし合わせると答えが見えてきます。

ここで間違えたのは、第4問-5の問題。

当期中に生じた収益合計から費用合計を差し引いて当期純利益(または当期純損失)を求める計算方法を( オ )という。

解答は「⑦損益法」です。僕は何を思ったか「③分記法」を選んでしまいました。「収益と費用」「当期純利益(または当期純損失)」って言葉が出ているので、そこから想像すれば「⑦損益法」ですよね。っていうか、次の問題で当期純利益を求める損益計算書」を作成するだろって話です。

第5問(30点)

ここの時点でもうかなりパニックになっていました。残り時間が50分くらいだったかな。

いきなり最初の決算整理事項が訳の分からない問題文になっていて、これで相当頭が混乱しました。

どれだけ混乱していたかというと、その後の仕訳で

  • 社会保険料の未払い計上なのに、なぜか借方を「その他費用」にして仕訳
  • 支払利息と前払利息の借方と貸方を逆にして仕訳

こんな感じ。練習問題や模擬試験ではできていたことが、まったくできていませんでした。

何とか持ち直して、正しい仕訳を行って作成。ただ、前払利息の月数計算を間違ってしまいました。次期の8か月分だけを計算すれば良かったのに、なぜか9か月分を計算…。

1,500,000*4%*1/12=5,000
5,000*8=40,000
前払利息 40,000 支払利息 40,000

これが正しいのに、僕は12月分まで(9か月分)計算してしまって

前払利息 45,000 支払利息 45,000

で仕訳。おかげで、損益計算書の金額も間違っていることに。損益計算書の金額が間違っているということは、当期純利益も間違っているので、貸借対照表の借方貸方も間違ってくる…。この間違いが、どう響いてくるかが不安です。

自己採点結果(大原基準)

あくまで、大原の採点基準に基づいたものですが

第1問 16/20点
第2問 8/8点
第3問 24/30点
第4問 10/12点
第5問 24/30点
合計 82/100点

一応、合格圏内でした。ただ、あくまで試験が終わったあとに僕が覚えている範囲での自己採点なので、他にもミスをして間違っている箇所があるかもしれません。例えば、貸借対照表の建物と備品の原価償却累計額に、仕訳後の額をきちんと足したか、とか。第1問の4点を落としたことと、第3問の桁数間違いがどれだけ影響あるかも心配です。

試験結果は、令和2年3月9日(月)に発表されるそうです。一発合格できていることを願いたいです。

ネット動画配信で機動戦士ガンダムを見ていた

昔はバンダイチャンネルくらいでしか視聴することができなかった、ネット動画配信サービスでの『機動戦士ガンダム』シリーズ。

最近はAmazon PrimeやU-NEXTでも視聴ができるようになりました。特に、富野由悠季監督作品のガンダムシリーズが配信されているのは、かなり貴重で嬉しい。

休憩時間に職場で富野由悠季監督に関するネット記事を読んでいたこともあって、帰宅後は「ファースト」と呼ばれる『機動戦士ガンダム(1979)』を見ていた。やっぱり面白い。

headlines.yahoo.co.jp



子どもをターゲットにしている要素は多々ある*1のだけど、登場人物の行動や言動、時代背景や設定は子ども向けじゃない。ララァが娼婦だったとか、子ども向けアニメの設定じゃないもんね。そういうところが上手くコントラストになっていて、そこにこそ視聴者が引き込まれる要素があるのかなと思うし、大人になってからも色あせないものを感じるのかなと。

最近のガンダムシリーズのように、しょっちゅう理屈をこねていたり、何かに陶酔しきっているような登場人物も、まあいなくはないけれども、それが毎回のように出てくるわけではなく、キーとなるエピソードでガツンとやるからメリハリがある。ただ、先ほどの「コントラスト」の部分があまりにも中途半端に映って不完全燃焼な状態で走ったから、打ち切りになっちゃったのかな、とも思った。子どもにはいまいち分かりにくいよね。アムロが乗るガンダムが侵略者のジオンを倒すぞー…という表向きのお話の裏側で、父・ジオンの遺子であるシャアがザビ家を打倒する壮大な仇討譚が展開されているなんて、年端もいかない子どもが一度見ただけじゃ、想像もつかないよね。

加えて、作品世界を彩る渡辺岳夫の音楽が良い。実に良い。あれこそまさにガンダムの世界。人類の進化が止まりかけた閉塞的な時代に、モビルスーツを開発してしまったことで、終わることのない人類同士の泥沼の戦争に突入していく宇宙世紀の世界を、絶望的に暗く重い音楽で表現している。この傾向は三枝成章によるΖガンダム逆襲のシャアまできちんと続いていて、それぞれの作品に相応しい音楽的な個性を存分に感じることができたけれども、それ以降の作品はガンダムを音楽で感じることはあまりなかった気がする。例えば、同じ一年戦争の作品でも『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のジャズは、やっぱり違うと思うんだよ個人的に。中身もジャズと親和性が高いような作品ではなく、結局はいつものガンダムやってるわけだし、絵柄ともマッチしていなかったから違和感しか感じなかった。→僕のセンスが古いんですかね。

今見てもやはり面白い『機動戦士ガンダム』。今はWEBで好きなときに見れるようになったので、もう何度も見て飽きたわって人でも、たまに視聴してみると意外と新鮮だったりするので、休日のちょっとした気分転換にでもどうぞ。

video.unext.jp

本ページの情報は○○年○月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

*1:ガンダムガンキャノンホワイトベースのデザインやカラーリングや、敵モビルスーツの名前が「ザク」「グフ」「ドム」など擬音のようで子どもにも分かりやすい、カラーリングでの区別、など。

左の首肩が痛くなってきた

一週間前あたりから左肩が痛くて仕方がない。こんなことは滅多になかったのだが、とにかく痛い。

タイピングで指と腕を酷使しているせいか…とも思ったが、思ってみれば酷使するほどタイピングをしていない。でも、左手の指を動かしてみると、若干の違和感を感じるのも事実だ。

若いときのように、身体が柔軟ではなくなっている。キーボードを打つときも、左手だけがどうもぎこちない。でも、それは仕方がない。人間、年齢を重ねれば、必ずどこか身体にボロが出てくるものだ。それが、僕の場合はまず肩と腕に来たというだけの話だ。

それにしても、この痛みは少々尋常ではない。久しぶりにマッサージに行くか。それとも整体か、それとも整形外科か…。

三重県伊勢市の「炭焼 肉丸」で焼肉を食べてきた

三重県伊勢市焼肉店「炭焼 肉丸」で焼肉ランチをキメてきました。

全室個室で、ゆったりと焼肉をいただけます。

お店の紹介

f:id:umikaze:20200215012320j:plain

ザ・ダイソー伊勢神久店の奥にある、倉庫みたいな建物が店舗。敷地内には広い駐車場があり車で来ても安心。どうしても公共交通機関で来たかったら、近くに「東谷医院前」というバス停があるので、ここで降りよう。

このお店では「炭火で肉を焼く」ことにこだわっており、店主も「炭火で焼くのが一番美味い」というポリシーから、ロースターではなく七輪炭火で肉を焼きます。ロースターと違って火の勢いを調節できないので、慌てて肉を乗せまくる人向けにこのような注意書き。

f:id:umikaze:20200215013320j:plain

f:id:umikaze:20200215013514j:plain

注文を受けてから肉を捌くスタイル。出てくるまでに時間がかかりそうだが、こういうこだわりがあるお店なので、肉質にも期待できそう。

f:id:umikaze:20200215013730j:plain

ハラミ(手前)とハツ(奥)。注文を受けてから捌いているというだけあって、肉がまさに肉らしい美味しそうな色をしている。あらかじめカットした肉を冷凍して切り置きしたものだと、ところどころ茶色く変色してしまっていることがあるのだけれど、このお店の肉はそんなことがなく、鮮やかな肉の赤い色が食欲を掻き立てる。

f:id:umikaze:20200215015406j:plain

f:id:umikaze:20200215015421j:plain

ホルモン2種類。どちらかが「黄金ホルモン」という通常のホルモンよりも100円高い上級品なのだけど、どちらが黄金ホルモンなのか忘れてしまった。こちらのホルモンも色がきれいで新鮮なのがはっきり分かる。先ほどの注意書きどおりに美味しく焼いてみたいと思う。

なお、ホルモンはタレを選ぶことができ、しょうゆ、塩、みそ、から好きなものを選択できる。あまり味が濃すぎたり、焼いている途中にタレが焦げてしまっても嫌なので、今回は塩だれを選んでみた。

f:id:umikaze:20200215015608j:plain

ご飯(小)を注文。食べたあとは若干物足りなかったので、中サイズを頼んでも良かったかもしれない。

f:id:umikaze:20200215015741j:plain

つけダレは、さっぱりスッキリとした味付け。

レモンがついてくるので、タレに入れたり、タンやホルモンに絞ったり、焼きあがった肉に絞ったり、レモン汁と塩を合わせてつけダレにしたりと、お好みで。この他、牛脂の塊がついてくるので、炭火が入った七輪がきたら風味付けと焦げ付き防止のため、焼き網全体に塗っておこう。

f:id:umikaze:20200215021658j:plain

f:id:umikaze:20200215021722j:plain

f:id:umikaze:20200215021740j:plain

炭火で火力が強いので、ハラミとハツはさっと表面の色が変わるくらいでいただくのがベスト。特にハツが美味しく、噛んだ瞬間にプリプリの食感が味わえる。ここまで美味しいハツは久しぶりかもしれない。なお、今回は普通のハツを注文したが、メニューには「脂ハツ」という脂付きの上ハツもあるので、次はこちらも食べてみたい。

ホルモンは、先ほどの注意書きに従いつつ、さらに網の縁でじっくりと加熱。最後に少しだけ網の中央で焼いて、一気に火を入れてから食べる。いくらでも食べられる美味しさ。

まとめ

注文を受けてから捌いて提供される良質の肉は、新鮮で味が良い。それでいて、値段はそれほど高くない。肉質、味、値段のバランスを考えると、非常にコスパが高い焼肉店だと思う。なお、この日は祝祭日だったので通常メニューでいただいたが、平日のお昼にはランチメニューがあり、もっとリーズナブルに焼肉をいただける。

三重県らしく松阪牛のメニューもそろっており、県外からの観光客が松阪牛を食べたいときにもおすすめ。近くにはホテル(ホテルキャッスルイン伊勢)があるので、伊勢への旅行でこのホテルに泊まり、肉丸で松阪牛を食べる…というのもアリかもしれない。多分、おかげ横丁松阪牛を食べるよりも、かなりリーズナブルに食べられると思う。

お店の情報

goo.gl

タイピング速度が落ちていた

ここのところ、パソコンを起動したあとはいつも「イータイピング」でタイピングの練習をしている。

www.e-typing.ne.jp

昔はもう少しタイピングが早かったのだけど、最近はこのスコアが限界。

f:id:umikaze:20200213010742p:plain
タイピング

スコア400を目指したいが、左手の指が昔ほど柔軟に動かなくなってきた上に、使っているキーボードも10年くらい前に2,000円程度で買ったELECOMのキーボードなので、ふにゃふにゃした打ち心地で非常に打ちにくい。

もう少し良いキーボードを購入したいが、生活に余裕がないとなかなか厳しかったりする。ゲーミングキーボードあたりで、何か良いものがないかと物色しているのだけれども。